日ごろ感じたり考えたりしたことをつらつらと。ウェブで奏でるダウンホームブルース…みたいな。


by harris-b48
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
3月5日の観劇の記録。


演劇集団キャラメルボックスの『鍵泥棒のメソッド』を観賞。

会場はサンシャイン劇場。

b0128246_16130725.jpg


b0128246_16131033.jpg


今回の作品は内田けんじ監督の映画をキャラメルボックスが舞台化したもの。3年ぶりの再演とのことであった。

自殺を考えるほどに思い詰めていた売れない舞台役者と一仕事終えてきた殺し屋(?)が銭湯で遭遇。殺し屋(?)が石鹸を踏んづけて転倒した拍子に頭を打ち記憶喪失に陥ってしまったのをいいことに殺し屋(?)に成り代わってしまった売れない舞台役者と売れない舞台役者として生きていくことになってしまった殺し屋(?)のドタバタを描いたコメディでした。

この2人にまじめ一辺倒の婚活始めました女子が絡んでくるという。

いやー面白かったです!

変装とかで他の誰かに成りすました人間の身の周りにまき起こるあれこれを描くというのはとても演劇的な仕掛けで、それだけでも私は十分なくらいだったのですが、キャラメルボックスの芝居ですからね。

なんか、いつものことなのですが、観ていて力をもらえるというか、今回もそういう感じの観劇となりました。

芸術の持つ力は偉大だな、と改めて思った次第です。

キャラメルボックス、次の公演は夏なのかな。

今からたのしみだ。

感謝。





[PR]
# by harris-b48 | 2017-03-05 16:09
3月4日。

ラグビー講習会・交流会『ラグビーのとっておきの話を聞こう!』というイベントが行われるというので、行ってみることにしました。

b0128246_09501054.jpg


会場は東北学院大学土樋キャンパスホーイ記念館ホール。

b0128246_09500925.jpg


知らないうちに学院大にこんな立派な建物が建っていたとは。

新鮮な驚き。

今回のこのイベントには日本ラグビー協会の太田治氏、我らが釜石シーウェイブスの桜庭吉彦GMに大正大学ラグビー部監督の堀越正己氏のお三方にラグビージャーナリストの村上晃一氏をコーディネーターに加えてのトークショーでした。

お三方は現役時代が重なっていらっしゃるとのことでしたが、3人ともポジションが違うこともあってか3人三様のトークが聞けてとても面白かったです。

それに加えて、宮城県のラグビーファンには熱い人も少なからずいるんだな、ということがわかってそれもよかったです。

セブンズの強化について力説する方から、小林新緑朗氏を目標に日々ラグビーの情報に明け暮れているという年輩のおばさままで。

すごいね。

2019年のラグビーワールドカップに向けて石巻市がキャンプ地に立候補しているとのこと。

宮城県でもみんなでワールドカップの成功に向けて協力していきたいところです。

みんなラグビーが大好きだ。



[PR]
# by harris-b48 | 2017-03-05 07:25
2017年の観劇の記録。

2月25日。

本多劇場にて上演中の『皆、シンデレラがやりたい。』を観賞。

b0128246_09093157.jpg


本日が千秋楽だったとのこと。当日券を入手しての観劇。立ち見の席でしたが、面白く作品を観ることができました。

根本宗子作・演出。

インディーズで活動を続ける男性アイドルの追っかけをしているアラフォー女性3人組のお話。

ライブだけでなくSNS等でも情報をフォローしていた彼女たちが、ツイッターでお目当ての男性アイドルが炎上していることを知る。なんと、そのアイドルに彼女(新人の女性アイドル)がいることが発覚、それもその彼女が彼の寝顔の写真をツイッターにアップしたということで、逆上したアラフォー3人組がとった行動はーー

というのが主だったストーリーでした。

面白かった。

軽妙な台詞のやりとりがとてもよくて。

いっぱい笑わせてもらいました。

根本宗子という方はまだお若い方とのことで、素晴らしい才能の持ち主だな、と素直に感心した次第。

客の入りも上々だったし。

根本作品はこれからもチェックしていきたいな、と思いましたとさ。

どっとはれ。


[PR]
# by harris-b48 | 2017-03-03 21:51
いよいよキックオフ。

試合前の盛り上がりやサンウルブズの新ジャージをスタンドのそこここに見るにつけ(私、岩手県人ゆえ、赤いジャージを見ると興奮が抑えられないのであります)、気持ちがたかぶってくるのでありました。

この調子でゲームの方もサンウルブズ祭りになるのかなと思いましたが、さにあらず。

序盤から暴れまくったのはハリケーンズの方でした。

怒濤のトライラッシュで、もう試合開始から10分くらいでもう勝負あり、といった感じ。

フルタイムのスコアが17-83でしたからね。

献上したトライが13個。

b0128246_21460188.jpg


さすがに83点はとられ過ぎでしょ、とは思いましたが、これが現時点での日本とニュージーランドとの実力差なのかなとも思いました。

サンウルブズもぼんやりしていたわけではないのですがね。いつものようにタックルも低くいっていたし。でも、特に前半はほとんど敵陣でプレーすることはできなかったかと思います。

さすがにディフェンディングチャンピオンといったところでしょうか。

後半はサンウルブズも敵陣でプレーする時間帯が増えてはいましたけど、それでもね。

私が観ていて感じたのは、ボールに対する働きかけというのか反応というのか、そういった部分の違いでした。

なんていうか、ボールへの対応に使う神経がやたらと研ぎ澄まされているというか。

実際、ラックのような局面で何度ターンオーバーされただろう。

ウルブズの長いパスはことごとくインターセプトされていたし。

密集に飛び込んでいくニュージーランドの選手たちの姿はまさに野性動物そのものといった感じなのですが、これはただ単に身体能力の差といって片付けてしまう問題でもないような気がします。

ボール奪取への並々ならぬ集中力。

ほんの小さなミスが直接失点に結びついてしまうんですね。ハリケーンズくらいのレベルになると。

研ぎ澄まされた感覚がもたらすスリル。

80分間を通して、このスリルにゾクゾクしていました、私。

こういう面白さもあるんですね。ラグビーには。また新たな発見でした。

スーパーラグビーはまだ開幕したばかり。

がんばれ、サンウルブズ!!

どっとはれ。

b0128246_07123828.jpg









[PR]
# by harris-b48 | 2017-02-27 22:18
2月24日。

祝スーパーラグビー開幕!!

今年もサンウルブズの開幕戦を観に行ってまいりました。

b0128246_16174239.jpg


試合場は日本ラグビーの聖地秩父宮ラグビー場。

この日の東京は天気もよく、絶好のラグビー日和でした。

b0128246_16413463.jpg


今回の対戦相手はニュージーランドのハリケーンズ。

去年の優勝チームです。

こんなグレイトなチームを相手にサンウルブズはどれだけのプレーができるのか。

とにかく楽しみな一戦だったわけです。

b0128246_22181771.jpg


オープニングアクトにサンウルブズ公式サポーターのマン・ウィズ・ア・ミッションのライブがあったり(インゴールに観客を入れてのライブだったけど、芝生は大丈夫だったのだろうか?)、今シーズンからは専属のチアリーダーのチームが登場したりと、いろいろ楽しいイベントになってきました。

b0128246_22181741.jpg


サポーターの応援もスタイルが確立してきたようで(あのオオカミの遠吠えみたいなやつとかね)。

スタジアムMCの方の煽りでスタンドもいい感じに盛り上がっておりました。

b0128246_22182068.jpg


そしていよいよ選手がピッチに登場し、試合が始まったのであります。

長くなってしまった。まずはここまで。つづく。

[PR]
# by harris-b48 | 2017-02-26 10:24