日ごろ感じたり考えたりしたことをつらつらと。ウェブで奏でるダウンホームブルース…みたいな。


by harris-b48
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
5月21日。

スパイクが壊れた。

b0128246_21410561.jpg


この日は草野球の練習があったのだが、みんな集まってさあ始めようかとグラウンドに向かって歩き出したところでの出来事だった。

実は今シーズンの活動が始まったあたりから踵が抜けるような感じがあり、なんかいやな予感がしていたところだった…。

かるく12〜3年は使ってきたものだから、仕方がないっちゃ仕方がないのかもしれないけれども。

まあ、怪我をしたりとかそういう事態にはならなかった。そのことについては感謝しなければ。

お気に入りのスパイクだったからね。

そこはちょっと残念なのだけれど。

また新しいのを探さないといけなくなってしまった。

野球は道具を使ってプレーする競技だから、少しでも自分に合う、使いやすいものをまたじっくりと探していきたい。









[PR]
# by harris-b48 | 2017-05-21 20:28
5月14日。

IBC杯招待試合を観戦。

このIBC杯という試合は岩手のラグビーシーンにシーズンの到来を告げるもの。

今年は我らが釜石シーウェイブスと帝京大学の対戦となりました。

帝京大学は言わずと知れた大学日本一のチーム。

さて、どんなゲームになるのかな、と。

この時期の試合はけっこう学生さん相手でもコロッと負けたりしますからね、釜石は。

この時期だから勝敗は関係ないのかもしれないけれども。

ただ帝京大学クラスだとフィジカルでも社会人にひけをとりませんからね。

釜石の方はずいぶん若い布陣できましたし。

b0128246_15003279.jpg


そうこうするうちに試合が始まったのであります。

b0128246_15003489.jpg


釜石にはこの人、伊藤剛臣選手がいます(写真右端。この日はナンバーエイトで先発しました)。

前半は釜石が帝京大学の攻撃を受けにまわる格好になり、自陣でのプレーを強いられる格好となりましたが、しっかりと帝京大学の攻撃を受け止めていた印象でした。

前半7分過ぎあたりにはトライのチャンスもあったのですが…。
b0128246_18180421.jpg


さすがに大学王者。ここはきっちりと守りきられました。

最初に得点が動いたのは前半35分過ぎ。

堅守をみせてきた釜石ディフェンス陣でしたが、帝京大学にトライを献上してしまいました。

前半は0-7で終了。

b0128246_18223536.jpg


これは見ごたえのあるゲームになるかなと思われましたが、後半は序盤から帝京大学のトライラッシュとなり、とんでもない一方的な内容となってしまいました。

b0128246_18241845.jpg


フルタイムのスコアが0-52ですからね…。

春シーズンの試合はオープン戦ですからね。結果を云々するのはどうかとも思うのですが、それにしてもね…。

釜石は社会人のチームですからね…。

釜石の得点がフルタイムまで動かなかったのは残念でした。

この試合はIBCが生中継していたこともあって、勝敗はともかくスコアに関してはね、とても残念でした。

我々にしたって、お金を払って試合を観にきているわけですからね。

ちょっと食い足りないというか、春シーズンの試合にはいつもそう思うわけです。

ここから今シーズンのチーム作りが始まるのでしょうし、そう思って我々は応援していくだけなのですが。

来月には北上招待試合があり、トップリーグ勢と対戦するわけです。

しっかりと仕上げていこう。

今年はトップチャレンジリーグで勝負するんだもんね。

がんばれ釜石!!










[PR]
# by harris-b48 | 2017-05-14 22:54

観劇の日々(24)〜SKIP〜

5月3日の観劇の記録。

サンシャイン劇場にて上演中のNAPPOS produce『SKIP』を観賞。

b0128246_14545073.jpg
b0128246_14545455.jpg


北村薫の原作小説の舞台化。以前、キャラメルボックスが上演したことのある作品らしい。

脚本・演出は成井豊氏。

今回も成井氏の脚本・演出とのことでしたので、キャラメルボックス色を期待しての観劇でした。

キャラメルボックスの役者さんたちもたくさん出演していましたしね。むしろ、それ目当てでチケットを取っていたわけなのでした。

内容はというと、女子高生がいきなり42歳になってしまったというお話でして。

42歳になってしまったのですが、文字どおりいきなりなってしまって、そこまでの記憶が一切ないという。

それでも42歳の自分には見たことも逢ったことすらない旦那がいて、同じく見たことも逢ったこともない高校生の娘がいて、自分は高校の先生の仕事をしているという現実があって。

そういう状況を戸惑いながら、それでもがんばって生きていく主人公を描いた作品でした。

今回観ていて思ったのは、主役の脇を固めるキャラメルボックスの役者陣の演技のよさでした。

演出の成井氏がこの間の『鍵泥棒のメソッド』の時におっしゃっていた(パンフレットで読んだ)若手たちがほんと充実の演技を披露していました。

主人公の娘役をやった木村玲衣や同じく主人公の親友の池ちゃん役をやった大滝真実あたりはもう主役を食っちゃってるじゃん、という感じでしたし。

もっとも、主役を演じた女性は舞台初挑戦だったとのことで、上記の役者たちと比べたりするのは酷なのかもしれませんが、必死に演じているという感じが、まったく馴染みのない世界に放り込まれながらも生真面目に真摯に生きていこうとする主人公像にうまくはまっていたかもしれません。この辺は想定通りの演出だったのかな。さすがだな。すごい。

今回は原作を読んでからの観劇はかないませんでしたので、これから原作の小説をじっくりと読んでみるつもりです。

楽しかった。

感謝。



[PR]
# by harris-b48 | 2017-05-03 15:39
4月30日。

今日も草野球。

この日の試合でようやく開幕なのだそうな。

その辺の線引きがよくわからないけれども、まずはめでたい。

4月の終わり、晴れわたる空とあたたかい空気の中、我々は楽しいひとときを過ごしたわけであります。

開幕戦の私は3番セカンドでフル出場。

この試合のオーダーは、チーム随一のホームランバッターであるIさんを2番に据えるという、イーグルスばりの超攻撃型打線でした。

ちなみに私の今回の打撃成績は、三振、四球、サードゴロ、三振。

私の前を打つ二人の後ですとね、そりゃひっぱられちゃいますよね。ついつい振り回してしまって。

2打席目からは自分本来の役まわりであるつなぎのバッティングをね、と思ってバッターボックスに入ったのですが、なかなかうまくいきませんな。

進塁打すら打てずじまいでした。

ペゲーロの後でなかなか調子の上がってこないウィーラーの気持ちがちょっとわかる気がしてみたり…。

今、こうして振り返ってみると、ツーストライクまで追い込まれてしまうと、どうもボール球を振ってしまっているようで。

そういう局面でこそ、しっかりボールを見極めないとなあ、とちょっと反省。

守備の方はというと、守備機会はなかったとも言えるしあったとも言えるし、みたいな。

一二塁間とか二遊間とかにボールは飛んできたのですが、まるっきり追いつけなかったという。

ホークスの今宮選手みたいなフィールディングが目標なんですけどね…。

どうしても腰が高くなってしまう。

これは歳をとっていくにつれ仕方がないことなのかもしれないけれども、そこを踏んばれないとね。

それでも身体は楽をしようとしちゃうんだよねえ。それにもともと身体も硬いし。

がんばっていかないとね。チームのみんなにも申し訳ないし。

などとちょっと反省。

チームの方はね、それでも私以外の打線は快調でゲームの方も6ー5で勝利。いい形で開幕戦をとったわけであります。

まずはよしよし。

これからもがんばっていこう。

感謝。

どっとはれ。

b0128246_17261074.jpg







[PR]
# by harris-b48 | 2017-05-02 04:13
4月16日。

今日は草野球。

ちなみにコボスタ(近頃はコボパーク仙台とか宮城とか言うらしい)では、岸投手がホームゲーム初登板とのことでたいそう盛り上がっているのでした。

まあ、野球はプレーしてこそ。我々は我々なりに野球を楽しんだのであります。

いい天気。温かい気候。

もう絶好の草野球日和でした。

自分的には、守備はそれなりに動けるようになってきたという手ごたえを感じてはいたのですが、いかんせんまだヒットが1本も出ていなくて、その辺がね、課題というか。

今日もヒットを打てるかどうかというのがひとつ自分の試合に臨むにあたってのポイントだったのであります。

今日の私は2番セカンドでフル出場。何度かあった守備の機会は無難にこなすことができたのですが、やはりバッティングの方がですね、うまくボールをとらえられないというか、バットがボールの頭をこすってしまうようなバッティングになってしまってボテボテの内野ゴロにしかならないありさまでありました。

それでもね、第4打席、やっと今シーズン初ヒットが出たのです!!

ピッチャーの足下を鋭く抜けていく打球。まるでイチロー選手のバッティングのようなきれいな弾道。もう自画自賛。センターが打球に追いつけなくて私はなんと2塁まで到達してしまいました。もう余裕のスタンディングダブル。

うれしかった!!

ついにおれのシーズンが始まったぜ!という感じ。ひたすらうれしかったです。だって、素人ですもの。

これで覚醒したか、第5打席目にもヒットを記録。これがね、サード、ショート、レフトの中間に打球が飛ぶも三者が誰も追いつけずにヒットになってしまうという、一番私らしいいやらしいヒットで、もうこれおれのシーズン間違いなく始まったよな、という感じでした。

1本欲しかったのにマルチヒットですよ。

手ごたえ十分。

試合には負けたのですが、自分的には大満足な1日でした。

今年もどんどんプレーにのめり込んでいきたい。

がんばるぞ!

b0128246_22521799.jpg
b0128246_22522002.jpg



[PR]
# by harris-b48 | 2017-04-16 18:56